Information






ゲキ×シネ『乱鶯』

公演終了のご報告


TITLE

スポンサーサイト

  • -
  • 2017.04.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています


TITLE

撮影レポート:大谷亮介編

さて、ヴィジュアル撮影レポートの最後を締めくくるのは、この物語上では悪役にあたる北町奉行所与力<黒部源四郎>に扮する大谷亮介さんです。劇団☆新感線には記念すべき初参加となる大谷さんに用意された、今回の撮影のための衣裳はいわゆる“火事羽織”。つまり出陣する際の装束で、胸当てには黒部家の大きな家紋が入っています。これまた高橋岳蔵さんの手によるオリジナルで武家によく使われていた“澤瀉(おもだか)”紋をアレンジした紋どころとのこと。頭にかぶっているのは、陣笠(じんがさ)で、この現場では通称“オニヘイヘルメット”などと呼ばれている模様です。


大谷亮介

まずは全身を収める写真から撮影開始。河野さんから「最初はシリアス系でいきましょう。口はへの字でお願いします」と言われ、「への字ですか! 僕の場合はあまりやりすぎるとお笑いになっちゃいそうだなあ」とニヤリとする大谷さん。仁王立ちになったり、思い切り両手を広げたり、腕組みをしたりと、さまざまなポーズで撮っていきます。


大谷亮介

小道具としては十手を持つことになり、その持ち方は岳蔵さんが直接指南。岡田カメラマンから「その十手をレンズに向けて突き出してみてください」と言われた大谷さんは、早速ビシッと十手を突き出し「ひっとらえよ!」となぜかセリフ付きで気合もたっぷり入れながらポーズ。


大谷亮介

その大谷さんのセリフがどうやら気に入ったようで、河野さんは「何か他にもいろいろと言いながら撮ってみましょうか」とリクエスト。すると大谷さんは動きを変えるたびに「ええい、斬れ、斬れぃ!」「うーん、そいつは思案が必要だ」「名を名乗れぃ!」「拙者を何者と?」など、思いつくままに今回の台本とはまるで関係のないセリフをどんどん口にしていきます。


大谷亮介

そんなさなかのちょっとした隙に、メイキング映像を撮影中のスタッフのカメラを見つけた大谷さん。そのレンズに向かって「お世話になります」とぺこりと会釈したりして、お茶目な笑顔も見せてくれています。と思えば、撮影が再開された途端、今度は「先ほどからカシャカシャと、余の写真を撮るとは何事だ!」「無礼千万!」「このたわけ、ありていに白状いたせ!」などなど、バリエーション豊かに時代劇風の名台詞が次から次へと飛び出し、スタジオ内はすっかり笑いに包まれつつ、撮影は無事終了。


大谷亮介

大谷さんにも初めて劇団☆新感線の舞台に参加するにあたっての思いなど、うかがってみました。

――まずは、今日の撮影の感想をお聞かせください。

実に丁寧に撮影していただきまして。和服を着るのも好きですし、まだ稽古も始まっていないのになんだか半分テンションが上がってきて大変楽しかったです。映像で裃をつけさせていただいたことはありますが、舞台でこういう与力みたいな役人を演じるのは初めてなので、少し勉強してから稽古に臨みたいと思っています。

――今回、新感線からのオファーを聞いた時にはどう思われましたか。

なんでかな?と思いました(笑)。もっと若いころにやりたいなーと思って、新感線の劇団員の方とご一緒した時には特別に元気にふるまって無言のアピールをしていたつもりだったんですけど。そのころにはお声がまったくかかりませんでしたね。こうして還暦を過ぎましてから声をかけていただきましたので、なんとか体力面で足を引っ張らないよう、今から老体に鞭打ってトレーニングに励んでおります。

――新感線の劇団員にはどんなイメージがありましたか。

最初に共演したのは粟根まことさん。面白い人だなと思って、聞いたら新感線の方だと。そのあと橋本じゅんさんと別の芝居でご一緒したり、高田聖子さんとか、ちょっとずつみなさんと知り合いになって。古田新太さんと久しぶりの共演なので楽しみです。それと最近ちょっと仲良くさせてもらってるのが右近健一さん。右近さんの歌が好きで、時々ライブにいっております。今度シャンソンを教えてくださいと、あつかましいお願いもしているくらい。今回の旅公演の間に教えを乞うて、歌の勉強をさせて頂きたいとひそかに考えています。

――公演中、また別の楽しみができそうですね。

この年齢で旅公演の最中に毎晩飲んでいたら、グダグダになってしまいますからね。節制こそ命ですから。なるべく先に帰ってホテルで勉強したりして、老後を無駄に過ごさぬよう、覚悟してやっていきたいと思っています

――今回、一番楽しみなことはなんですか。

とにかく今は、いのうえさんの演出される新感線、倉持さんの書かれた作品の中で、自分に与えられた役割をしっかりと十二分に果たしていきたいという思いでいっぱいです。その世界の中できちんと他の俳優さん、劇空間にも影響を与えられるよう、きちんと準備をしてがんばりたいと思っています。

 
文:田中里津子 撮影:田中亜紀






 

TITLE

スポンサーサイト

  • -
  • 2017.04.13 Thursday