Information






ゲキ×シネ『乱鶯』

公演終了のご報告


TITLE

スポンサーサイト

  • -
  • 2017.04.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています


TITLE

アワブロ13『村木よし子姐さんと中谷さとみさん』

さあ、どうでしょうか。もう三月になっていますか? もうすぐ初日ですか? 東京公演は目前ですか? 大阪と北九州はまだまだですか? まだまだでしょう。大阪と北九州の皆様にはもう暫くお待ち頂くことになりますが、東京公演はまもなく始まるのです。まもなくなんです!

とはいえ、コレを書いている今は稽古の終盤。追い込みです。キャストの紹介も終わったところで、稽古場で見つけた面白げなモノをどんどんご紹介していきたいと思います。

さて皆さん。先日、エマさんの面白顔写真大特集をお送りいたしましたが、何か物足りなくありませんか? そう、新感線が誇るフォトジェニック変顔女優、村木よし子姐さんと中谷さとみさんの変顔がまだなんですよね。あの二人の面白顔を見なければ新感線じゃないような気がしませんか?

大丈夫です。今回、よし子姐さんとさとみさんは二人セットです。それぞれ二役ありますが、二役ともセットです。ですので、カメラを向けていれば自動的に二人セットの面白顔が撮れてしまうのです!

とはいえ、今回はいのうえ歌舞伎《黒》BLACKですよ。ビターでブラックですよ。そんな面白顔があるわけないじゃないですか。


p058.jpg

ああ、ありましたね。なんでしょうね、この切迫したカンジ。
しかしまだ面白顔コンビの本領は発揮されていません。それがやはり《黒》の呪縛でしょうか。
いえ、大丈夫。徐々に彼女たちの本領が発揮されていきます。


p059.jpg

さとみさんは判りやすく面白いですが、何やらしかりつけている村木姐さんからもじわじわ来る面白さが伝わってきます。そしてお気づきでしょうか。さとみさんは毎回、口が開いています。同じ様な形に。


p060.jpg

ああ、これは判りやすく面白いですね。居酒屋でのバカ話でしょうか。いかにも市井の江戸っ子といった元気良さです。そしてまたさとみさんの口が開いています。

そして、最終的にはこんなコトになります。


p061.jpg

何かに驚いているようですが、素晴らしい驚きっぷりです。しかしやはりさとみさんの口は縦に開いていますけどね。まあ、お二人とも元気そうでなによりです。

さて、いつも何かやらかすさとみさんですが。

先日、「いのうえ一人旅」について書きましたが、いのうえさんがシーンを考えている間、我々は待ち時間になります。まあ10分ほどでしょうか。その待ち時間も半ばを過ぎた頃、お腹が空いていたんでしょうかね、さとみさんがおもむろに差し入れのカップスープパスタかなにかを作り始めました。お湯を入れて3分ほど待つヤツです。
それを見た古田くんを初めみんなが思いました。どう考えても間に合わないと。

さとみさんも間に合わないと思ったんでしょうね。急に焦り初め、まだ1分しか経っていないのにおもむろに食べ始めました。しかも立ったままで。


p062.jpg

案の定、まだ出来上がっていなかったんですね。出来上がったら柔らかいはずのパスタがポリポリと硬い音を立てています。サッポロポテトバーベQあじみたいな音を。


p063.jpg

美味しそうに食べてますけど、絶対美味しくないハズです。

予想通りに、食べ始めてすぐに稽古が再開し、慌てて稽古場に向かいます。


p064.jpg

実に名残惜しそうに。せめてフタだけはしようと。


p065.jpg

いや、そんなことよりも時間配分をちゃんと考えろよといいたいです。

こんな浅はかな人たちと共に稽古をしております。稽古も佳境、カップスープパスタを食べる暇もない我々をどうぞお楽しみに!


 

TITLE

アワブロ12『大谷亮介さん!』

「乱鶯」キャスト紹介の最後を飾るのはもちろんこの方、北町奉行所与力「黒部源四郎(くろべげんしろう)」さま。与力として利け者とも評判される一方、黒い噂も絶えない謎の男。もちろん今作の最重要人物です。

演じて頂くのはこれが新感線初参加となる大谷亮介さん。新感線メンバーは余所の舞台やドラマで結構共演させて頂いたりはしていたのですが、いのうえ演出は初めてとなります。ドラマ「相棒」をご覧になっていた方なら刑事トリオの三浦警部補役の印象があるのではないでしょうか。でも今回はもっとグッと落ち着いた重苦しい役回りですよ。

黒部源四郎は奉行与力ですから、盗賊の十三郎にとっては当然敵になります。鉤なし十手を片手に大勢の同心・捕り方を従えるその姿はいかにも厳めしく威厳に満ちています。


アワブロ12

かと思うと静かに酒を飲む風情も堂に入ったものです。


アワブロ12

奉行与力がどうしてお加代が経営する鶴田屋で酒を飲んでいるのでしょうか。謎は深まりますが、大谷さんの渋さも、いずみさんの女将っぷりも絵になりますねえ。

またある時には呵々大笑なさっていたりします。


アワブロ12

大人の余裕を感じますね。いかにも食わせ者といった含みのある余裕です。判りやすく悪事を働くシーンはありませんが、それでいて怪しさを醸し出す佇まいはさすがです。

大谷さんご自身もかつては東京壱組の座長であり、現在も劇団壱組印を率いていらっしゃいますし、それ以外にも数多くの現場で俳優だけでなく演出家としてもご活躍です。役作りに関してもこだわりがあります。


アワブロ12

物語の核心部分について、いのうえさんとさかんなディスカッションが行われていました。

今回は役柄上、しかつめらしい表情の写真が多くなってしまいましたが、実はお茶目な大谷さん。普段はにこやかで物腰柔らかな方です。


アワブロ12

台詞をちょっと言い間違えちゃって、自分で笑っちゃった大谷さん。実に可愛らしい。普段の大谷さんはいつもこんな調子です。

そして稽古中に気付いたのですが、大谷さんのお声が実に渋くて格好いいんですよ。私も長いつきあいですが、これほど良いお声だとは知りませんでした。そんな魅力爆発の大谷さんをどうぞお楽しみ下さい。


 

TITLE

アワブロ11『山本亨さん!』

「乱鶯」の稽古も佳境、初日も近づいて参りました。我々はバタバタしております。毎回、稽古の終盤はバタバタするのです。皆さんも年度末でバタバタしていますか?じゃ、一緒にバタバタしましょう。

そんな稽古場のバタバタはおいといて、キャスト紹介を続けますよ。今日から二回続けて渋いおじさまをご紹介したいと思います。

まずは勝之助のお父上である「小橋貞右衛門(こばしさだえもん)」さまです。幕府目付であり、十三郎の命の恩人でもあります。

演じて頂くのは、新感線が三度目、いのうえ演出は五度目となる山本亨さん。もうすっかりお馴染みですね。


p048.jpg

御年五十五歳、さらに渋みを増した亨さん。今回は幕府の役人ですから重々しい雰囲気たっぷりです。


p049.jpg

あの生真面目だけど思い込みの激しい勝之助のお父上とは思えない程の落ち着きです。多分、父として武士として、いつも厳しいしつけをしてきたのでしょう。


しかし、厳しいだけでなく、血塗れの十三郎を、盗賊と知りながら助けたりする優しさも持ち合わせています。


p050.jpg

足を洗って板前になるよう説得する貞右衛門さま。思えばこの出会いがこの物語の始まりとなったのです。
出番自体は少なめですが、物語の要所要所に出てきて十三郎の運命を決定づけていくという大事な役回りです。ホントに、亨さんが演じる貞右衛門さまが素敵なのです。厳しく優しく、理想の上司像だと思います。

そんな素敵な貞右衛門さまに演出を付けているところもご覧下さい。


p051.jpg

ええと、おじさん二人が上を向いて座っていますが、別にケンカしているワケではありません。もうお前とは絶交だ、フン! とかいっているワケではありません。演出を付けているのです。またしてもやってみせるタイプの演出家。ベテランに対しても細かく付けていきます。

最後に普段の亨さんもお見せいたしましょう。


p052.jpg

台本を確認する亨さん。戯曲を読み込み解釈する。ベテランならではの厳しい顔です。ですが、実はこの直前までこの調子で台本を読んでいらしたのですが、丁度カメラを向ける直前に台本を降ろしてしまいました。で、そのままカメラを向けたらまた律儀に直前のポーズに戻って下さいました。ありがとうございます。サービス精神にも溢れています。

様々な人間模様が交錯する「乱鶯」。十三郎はふとしたことからその渦に飲み込まれ、やがて十三郎を中心にさらに渦巻きます。新感線初の本格時代劇、とか宣伝文句に書かれてしまってちょっと戸惑っている我々の舞台をどうぞお楽しみに!


 

TITLE

アワブロ10『高田聖子ねえさん!』

「乱鶯」キャスト紹介、今日は日本橋の老舗呉服屋・丹下屋の女将「お幸(おこう)」をご紹介いたしましょう。丹下屋といえば、先日ご紹介した清水くるみさん演じる女中のおりつが勤めている大店ですね。つまりおりつの雇い人です。

演じるのはご存じ高田聖子ねえさん。大勢の使用人を引き連れてお得意様に和やかにご挨拶です。


アワブロ10

丹下屋の本来の主人は逆木圭一郎さん演じる丹下屋総兵衞ですが、頼りないもんだから実質的にはお幸が店を取り仕切っています。右近健一さん演じる番頭の彦衛門も有能だもんで、総兵衞は店のことには口を出しません。典型的なかかあ天下です。


アワブロ10

やり手のお幸と昼行灯の総兵衞との間で番頭・彦衛門は板挟み。苦労が偲ばれます。ま、店の者全員がお幸さんの味方なんですけどね。

今回の聖子さんは大店の女主人。シャッキリしてチャキチャキしています。しっかり者で割と厳しいカンジの人ですが、それでも笑いの取れるところは取っちゃいます。

アワブロ10

なにこの微笑ましいカンジ。見ている手代の太兵衛役の河野まさとくんも思わず笑っていますね。

かと思うと、何故だか刀も持っちゃいます。


アワブロ10

老舗呉服屋の女主人がなにゆえ刀を構えているの? 厳しい顔して睨んでいるの? 番頭さんをはじめ、店員たちも戸惑っています。この店ではなにやら大変なことが起こっているようです。

そんなコトとは関係なく、稽古場でちょっと暇な時間ができてしまった聖子さん。最近のお気に入りはこちら。

アワブロ10

見事にフラフープを回しております。実際のフラフープもお見事なのですが、このGIF動画の場合、エンドレスなのでお気を付け下さい。腰をフリフリさせている聖子さんが脳裏から離れなくなる恐れがありますので、用法用量を守ってお使い下さい。


 

2/5PAGES | >>