Information






ゲキ×シネ『乱鶯』

公演終了のご報告


TITLE

スポンサーサイト

  • -
  • 2017.04.13 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています


TITLE

撮影レポート:橋本じゅん編

盗賊<火縄の砂吉>を演じる橋本じゅんさんが準備を終えてスタジオに登場するなり、「その髷(まげ)、変わってるねえ!」とスタッフたちが集まってきました。まずはその変わったカツラの形にみんな目を奪われた様子。よく見ると確かに細さも長さもしなり具合もあまり見たことがないスタイルです。そして片側に大ぶりの花柄が入ったくすんだ深緑色の衣裳も印象的。衣裳スタッフに聞くと、どうやら花柄や市松模様の女ものの着物を縫い合わせて、アシンメトリーな羽織に仕上げたとのこと。チラリと覗く裏地や襦袢が紫色だったり黄色だったりで色づかいも面白く、かなり洒落ています。盗賊というより、なんだか貫録たっぷりのやくざの親分風にも見えてきました。


橋本じゅん

「眉毛がないと、悪者感がにじみ出てくるね」「白髪の入り方も渋くていい感じ!」と、スタッフからのウケもいい、今回のじゅんさんのいでたち。しかし「かっこいい!」「素晴らしい!!」とベタボメしながらも、必ずその直後には笑い声もついてきてしまうのが、いかにもチャーミングなじゅんさんならではという感じがします。


橋本じゅん

岡田カメラマンが「横向きから撮る?」と聞くと、河野さんは「いや、正面からがいい!」と断言。早速、斜に構えることなく真正面から仁王立ちでレンズを睨みつけるじゅんさん。続けて、懐から手を出してあごを触ったり、左手で着物の裾をはしょったりと、少しずつ動きをつけながらさまざまなパターンの写真を撮っていきます。


橋本じゅん

じゅんさんのために用意された小道具は短刀と煙管(キセル)。河野さんから「人を刺した後の開き直った感じで」など、少しストーリーを感じられる注文が入ると動きにバリエーションが生まれ、ちょっと短い芝居仕立てのアクションに。さらには「おうおう!」と凄味をきかせた声まで出てきて、<火縄の砂吉>のキャラクターが徐々に際立っていきます。そんな様子に、いのうえさんも「先輩、さすがです!」となんだか楽しそう。


橋本じゅん

煙管には実際に煙草の葉を入れて火をつけてみることになり、まずは小道具担当、高橋岳蔵さんから吸う際の所作を確認。しかし、ただ煙をふかすだけとはいえ「きっついなー、これ!」と感想を漏らすじゅんさん。そんなじゅんさんを低い姿勢から撮ろうと、岡田カメラマンと河野さんは床に腹ばいになったりもしつつ、普通の煙草よりも火がついている時間が短いため「このカットは短時間勝負!」と、さらに一同の集中力は高まります。


橋本じゅん


「毎度ながらフォトジェニック!」と大好評のうちに終了した、この撮影の感想をじゅんさんに語ってもらいました。


――今日の撮影はいかがでしたか。

もっと長くかかるかと覚悟してきたわりに、いつもよりも早く終わった感じです。だから本当にこれでいいのか、それともカメラマンさん始めスタッフたちがもしや体調が悪いのか?なんて思っちゃいました。

――今回の衣裳も素敵ですね。

でも僕ね、実は緑という色が大嫌いなんですよ……(笑)。自然の緑は大好きなんですけどね。人工的な緑がダメで。だから今回は「一番嫌な色だらけやー!」というのが最初の感想です(笑)。イヤだイヤだと思ってプライベートでも緑色の服は一切持っていないんですけど、いざこうして着てみるとなかなか新鮮な気分ですよ。そうか、緑の服を着ると、こういう気分になるのか。

――<火縄の砂吉>は久しぶりの悪役ということですが。

久しぶりだから新鮮ではありますけど、でもまだ楽しみようがよくわからないですねえ。以前、『吉原御免状』(2005年)というお芝居で一番の悪役の兄の役をやった時にお客さんからのアンケートには「具合でも悪いのか」とか「やる気ないのか」とか書かれていたのが面白かった記憶があるんです。だから今回も、過去あまりないような、いつもとはまた違ったアングルからの反応があると楽しいなと思います。

――お客さんも新鮮に受け止めるかもしれないですね。

そうですね。「橋本、まだ出て来ないのかな」ってお客さんが思っている間に終わってしまうくらいの、いつもと印象の違う役とかができたらいいなとも思いますね。

――新感線にとって、こういう雰囲気の本格派時代劇も初めてということですが。

本格的な、と言うからにはちゃんと雪駄とか履き慣れていないといけないですね。これまでは時代劇でも雪駄を履いているのは主役だけで、他の人たちはほとんど靴でしたから。なんやねん、それっていう(笑)。それとこの間、脚本を書いてくださる倉持さんの事務所の社長さんから「妖怪とか出てこないみたいですけど大丈夫でしょうか」って言われたので「大丈夫かどうか、それは僕にはわかりません」と答えておきました。本格派時代劇なら普通、妖怪は出てこないでしょうけどね。ま、今回はそういうこともやってみましょうよって感じなんでしょう、きっと(笑)。


 
文:田中里津子 撮影:田中亜紀



 

TITLE

撮影レポート:清水くるみ編

<十三郎>と<勝之助>が潜入することになる呉服屋・丹下屋で働く女中の<おりつ>を演じるのは、劇団☆新感線に初参加の清水くるみさん。舞台経験はこれが二度目の初々しさが眩しく、もちろんこの座組の中では最年少キャストになります。


清水くるみ

衣裳スタッフに聞いたところによると<おりつ>の衣裳は「若さをアピール」してこの赤と山吹色の格子柄の着物にしたとのこと。確かに、ピンクの前掛けにしても、黄色の花かんざしにしてもとってもキュートで、フロアのあちこちから「かーわいい!」「若いって素晴らしい!!」と大絶賛。いのうえさんも「可憐な感じでいいねえ」と笑顔で見守っています。


清水くるみ

まずは手を身体の前で組んだり、小首をかしげたりとおとなしめのポーズ。岡田カメラマンから「口元、キュッとしてるほうがいいな」と注文されれば口元に力を入れたキリッとした顔に。さらに河野さんから「爪、噛んでみようか」と言われると逆に「アハハ!」と朗らかな笑顔を見せる清水さん。こうしてさまざまなリクエストに応えている間に、徐々に緊張もほどけたのか柔らかな表情になってきました。


清水くるみ

「<おりつ>は<勝之助>を慕うという設定だから、彼のことを心配するような表情で立ってみて」という指示には、両手をギュッと握って祈るような表情に。その清水さんのために用意された小道具は手ぬぐい。呉服屋で働いている最中のふとした仕草というイメージなど、いろいろな角度から撮影は続きます。


清水くるみ

続く顔のアップでも、八の字眉の困り顔、心配を通り越して驚いた顔、おすまし顔……くるくると表情を変化させていき、さらに背景の色を白から黒にチェンジさせてみると今度は意外にしっとり系の大人びた雰囲気に。これはこれで「おっ、こういう感じもまたいいね」と、なかなか好評の模様。


清水くるみ

ラストカットを撮り終え、河野さんから「今の表情、とても良かったぞ」と声をかけられると、清水さんもほっとしたようにニッコリと嬉しそう。一気に現代っ子の笑顔に戻った清水さんにも撮影直後に、お話を伺ってきました。


――初めての新感線の撮影はいかがでしたか。

すごく緊張しました。まず、モニターに他のキャストのみなさんのお写真が並んでいるのを見つけて、「すごい、これがいつも劇場で見ているパンフレットなんだ!」って思って(笑)。そこに自分の写真も加わるんだと思ったら、さらに緊張してしまいました。

――でも後半はだいぶリラックスしていらしたみたいだし、なにしろみんな「カワイイ!」と大絶賛でした。

いえいえ、自分では自分の顔の作りってヘンだなあ〜と思いながら見ていました。それなのにカワイイなんて言っていただけて、ちょっと恥ずかしかったですけれど、とっても光栄です(笑)。

――この作品に出演することになって、最初はどう思われましたか。

「え、新感線って、あの新感線ですか? なんで私が? 私でいいんですか??」という感じでものすごくビックリして「本当に本当なんですか? ありがとうございますっ!」という気持ちになりました。新感線の舞台は、小さいころから観ていたので。たぶん事務所に入って一番最初に観た大きな舞台が新感線の作品でしたし、すごいなって鳥肌がたったのを覚えています。

――今回、いろいろなことに初挑戦されるわけですが。こうやって初めてのことに挑むのは得意なほうですか?

最初は緊張してしまってとまどうことも多いですが、慣れるのは結構早いほうだと思います。だけどたぶん、というか絶対に経験は一番ないので、みなさんにしっかりとついていけるよう、足手まといにならないようにがんばらなきゃなと思っています。今はまだ、不安と緊張しかないんですけれども。

――清水さんが演じられる<おりつ>ちゃんは、どんな女の子だなという印象ですか。

どういう役かはこれから稽古で掘り下げていきたいなと思っていますが、とにかく年齢も一番下なので、可愛らしくて愛されるようなキャラクターにしたいです。だけど私、新感線の舞台に立つことが自分のひとつの目標でもあったので、あまりにも早くこういう機会が訪れて、ちょっといまだに信じられない状態なんです。両親も新感線が大好きなので、緊張していて、私自身も「え? 本当に出るんだよね、ドッキリじゃないよね??」って感じがまだあります(笑)。

 
文:田中里津子 撮影:田中亜紀



 

TITLE

撮影レポート:大東駿介編

男性キャストの中で最も若く、座組に爽やかな風を入れてくれているのが、大東駿介さん。劇団☆新感線へは『港町純情オセロ』(2011年)以来の参加となる大東さんの今回の役どころは、御先手組組頭おさきてぐみくみがしら<小橋勝之助>。古田さん演じる<鶯の十三郎>の命の恩人の息子で途中からは十三郎と一緒に行動することが多く、見せ場も多そうなキーマンとなりそうです。


大東駿介

その勝之助の衣裳、明るい花紺の羽織と小紋の着物に仙台平の縞の袴を着込み、髷姿も凛々しくスタジオに登場した大東さん。「なんだか、若様!って感じ」「熱血漢風だね」などとスタッフたちが思わず感想を漏らす中、いのうえさんも「うん、似合うねえ。NHKの木曜時代劇に出てきそうだよ」と満足そうにニコニコ。


大東駿介

河野さんからは「最初は静かに何か思案している雰囲気から」「冷静な彼がどんどん変貌していく感じ」「その冷静な芯を残しつつ、徐々に激しい感情を出していって」など、ポーズを変えるたび細かく丁寧に指示。大東さんもそれに応えて微妙なニュアンスで表情を変えていきます。


大東駿介

静かな立ち姿を押さえたと思えば、激しく刀を振り回すような動きのあるショットも撮影。岡田カメラマンは最も美しい位置、向きで写るように刀の角度にも気を配り「刀をもう少しだけ傾けてみて」と微調整を繰り返しながら、シャッターを切っていきます。さらに河野さんから「周りに敵がいて、鋭い目線でレンズを睨んで。もっと激しい表情してもらっても構わないよ」と注文が飛ぶと、大東さんも「一番緊張感のある瞬間ということですね」とすぐさま反応。口元にぐっと力を籠め、歯を食いしばったり、眉間に皺を入れたり。


大東駿介

刀を大きく振り回すカットではタイミング勝負になるため、大東さんは見えない敵を相手に何度も何度も素振りをすることに。カメラマンの「せーのっ!」という掛け声に合わせてブンッ!とダイナミックに刀を振り下ろす大東さん。モニターでその写真の具合を確かめつつ、よりかっこいいベストショットが撮れるように自分からも工夫して少しずつ変化をつけながら、素振りを繰り返していきます。なんだかもはや、エクササイズのよう。息が上がってきた様子に河野さんがOKを出そうとすると、大東さん自ら「ラスト、もう1回やらせてもらってもいいですか!」と申し出て、さらに姿勢を低くして再挑戦。勝之助という役柄にも似たその熱さは、周囲にもひしひしと伝わってくるのでした。


大東駿介


大東さんにも撮影直後に、感想をお聞きしました。


――久しぶりの新感線の撮影はいかがでしたか。

今日は結局、5時間くらいかかった感じですか?(笑) だけどチラシやパンフレットの撮影にこれだけ時間をかけさせてもらうことって、他ではなかなかないですよね。新感線に参加させていただくのは2回目なんですけど、こういう撮影の時点から作品が動き始めている気がするので、自分にとっても大事な時間なんです。緊張感もありますし、そういう意味でも「いよいよ始まる!」という心構えができてきました。

――しかも今日は何回も刀を振らされていましたね。

ええ。右腕、もう終わりかけてます。手首が飛んでいくかと思いましたよ(笑)。でも、楽しい撮影でした。一切妥協することなく、余計な気遣いをされることもなく、ここまでただひたすらものづくりに集中させてもらえる時間もめったにないので。つい甘えて「もう一度やらせてください!」って言っちゃいました。本当にみなさん、作品への思い入れの量が普通じゃないんですよ。こだわりがあるところに新感線の遊び心があるというか、本気で遊ぶんだという新感線らしさを感じます。

――今回の物語の内容としてはどんな印象を持たれましたか。

“いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK”ということで、新しい試みなんじゃないかと思いました。今のところ、ほぼ笑い抜きという感じも受けましたし。本番ではどうなるのか、わからないですけど。僕が演じる<勝之助>という役はすごく正直でまっすぐな印象だったので、そんな青臭さを受け止めてもらえるように全力でみなさんにぶつかっていきたい。それと個人的には、(古田)新太さんと一緒にお芝居をさせていただくのは初めてなので、とても楽しみにしているんです。“いのうえ歌舞伎”に出られている時の新太さんの輝き方と絶対的ヒーロー感はすごいですからね。前回の『五右衛門vs轟天』も観に行かせていただきましたけど、ワクワクがずっと止まらない感じでした。轟天にも絶対的ヒーロー感があってホンマ、アメコミ見ているような気分でしたし。その新太さんと(橋本)じゅんさん、おふたりと同時に舞台に立てるなんて今回は自分にとってかなり大きな財産になるだろうなと今から思っています。

 
文:田中里津子 撮影:田中亜紀






 

TITLE

撮影レポート:稲森いずみ編

物語の冒頭で大ケガをした<鶯の十三郎>を救う居酒屋・鶴田屋の女将<お加代>役を演じるのは、2009年の『蛮幽鬼』以来の劇団☆新感線への参加となる稲森いずみさんです。衣裳は幾何学模様などが入っている明るい水色と赤の縞の着物に、縞の帯を合わせていて華やかな雰囲気。黒い襟が江戸時代風です。よく見ると髪飾りと帯の縞が似た配色になっていて、粋にコーディネートされています。


稲森いずみ

まず河野さんから撮影の手順が説明され、さらに「十三郎の帰りを待っている、という雰囲気で」と言われた稲森さん。早速、憂いのある表情で少し目線を下にしながらポーズをとると、「儚げでいいねえ!」「美しい!!」と大好評。「そのままゆっくり回ってみて」「少し、手の仕草を加えてみて」など、細かい指示に応えつつ、さまざまな角度からシャッターが切られていきます。


稲森いずみ

小道具は番傘。傘を持つだけで、なんだかさらにしっとり感がアップ! 傘の持ち方ひとつとっても「色気が感じられるように」と試行錯誤しながらの撮影になります。「雨が降っていたから傘を持って迎えに行ったのに、あら、やんじゃった!という雰囲気で」という河野さんの注文には、稲森さんも「アハハ!」と笑いながら、明るめな表情で少し上を見上げてみたり。


稲森いずみ

途中で河野さんが「髪にささっている櫛、もう少し白っぽいもののほうがいいかなあ」と床山さんに相談すると、すぐさま別の櫛が用意され、それまでさしていた黒い櫛を飴色の大ぶりな櫛に変更することに。今回は特にモノクロ写真を使うということで、モニターで撮影した写真をチェックしてバランスを確認しながらの作業になるため、なかなか時間もかかります。


稲森いずみ

「凛とした感じで」「芯が強い女性の雰囲気で」など、役柄に沿った注文を受けているうちに稲森さん自身もだんだん<お加代>の役柄が身体に入ってきたかのようで「前半と後半では、なんだか顔つきが違ってきたね」と河野さん。「本当? さっきはどんなでした?」と稲森さんも前半の自分の表情をモニターでチェック。「本当だ!」「違うねえ〜」「じゃ、最初に撮ったポーズをもう一回撮り直してみましょうか?」ということになり急遽、前半のポーズに再挑戦。こうして「さらに素敵!」「こっちの表情も、断然いいねえ」とスタッフたちも絶賛する、完璧に美しい<お加代>がどんどんモニターに映し出されていくのでした。


稲森いずみ

稲森さんにも撮影直後に、感想をお聞きしてみました。


――久しぶりの新感線の撮影はいかがでしたか。

7年ぶりにまた、新感線ならではの、時間をかけて撮りながら作っていく感じを味わいました。小物の傘を使って表現するのが楽しかったですね。着物を着たのも久しぶりなんですよ。途中から、だんだんエンジンがかかってきましたね(笑)。

――時代劇をやる時に、特に気をつけていることはありますか。

所作や言動でしょうか。現代とは違う、その時代の常識みたいなものがありますから。でもルールに縛られるというより、その決まり事の中でどう自由に演じるかという面白さがあります。それと私、居酒屋の女将の役は初挑戦。今までは位の高いお侍さんの奥方や姫が多かったので、裸足に草履を履いて、前掛けをつけた時はとても嬉しいような、ちょっぴり恥ずかしいようなそんな気持ちになりました。

――新感線の舞台に出る時の楽しみというと?

私にとって楽しみの1つは、普段役作りってとても孤独だけれど、演出家や他の俳優の皆さんと「お稽古」という長い時間をかけて切磋琢磨お芝居を作れるということ。それに、いのうえさん自ら色んな役を演じてみせて下さる時は特に新鮮で見逃せません。

――前回、『蛮幽鬼』に出られた時の、一番印象に残っていることとは。

いっぱいあります、もうとにかく、すべてが新鮮でしたから。でもホント「終わりたくない」と思いながら千穐楽の日を迎えました。ずっとやり続けたいくらいあの作品が好きだったんです。今回もぜひ、そんな気持ちになれるように頑張りたいと思います。

――古田さんとはこれが初共演ですね。どんな印象がありますか。

自然体で、アウトローな感じ(笑)。舞台でも斜(はす)に構えているような、そんなイメージがあります。柔らかいんだけどキレがあって多彩ですよね。一緒にお芝居をするのが楽しみですし、いろいろ勉強させていただきたいと思っています。

 
文:田中里津子 撮影:田中亜紀



 

2/3PAGES | >>